サッカーコートの直角の出し方(2)応用編

スポンサーリンク

サッカーコートの直角の取り方の応用編です。
上記の記事では3名で描く方法を紹介しましたが、今回は1人で描く方法です。
必要な物はメジャーが1本、メジャーを固定する為のハンマーとペグです。

(1) 基準となるラインを引きます。

直角の取り方01

基準となるラインを引き、角になるA地点から30mの位置に印をつけます。

(2) 30m地点にメジャーの0mをペグで固定。

直角の取り方02

30m地点にメジャーの0mをペグで固定し、30m地点を始点にして半径50mの円弧を描きます。

(3) A地点にメジャーの0mをペグで固定。

直角の取り方03

A地点にメジャーの0mをペグで固定し、A地点を始点にして半径40mの円弧を描きます。

(4)A地点と(2)と(3)で描いた円弧の交点を結び、ラインをひく。

直角の取り方04

A地点と(2)と(3)で描いた円弧の交点を結び、ゴールラインを引きます。
後は逆の角から半径がサイドライン幅の円弧、ゴールライン幅の円弧を描き、角と交点を結べばサッカーコートの外枠が完成です。
慣れてくると一人でも結構手早くコートが描けます。

#理解していない人が大人数でやるよりも早かったりします・・・・・。

関連コンテンツ

⇒ コートの直角の取り方(1)基本編

⇒ コートの直角の取り方(3)その他

スポンサーリンク


AD